水無月(みなづき)のご紹介

おはようございます。
早くも6月になり、一年の半分が過ぎようとしています。
やっぱり、そう考えると一年は早いですね・・・
今年やろうとしている目標が・・・!!
気持ちを切り替えて今日は水無月(みなづき)のご紹介です。

小豆を外郎(ういろう)に載せたこのお菓子、「水無月(みなづき)」といいます。小豆は、魔よけの力を持つ邪気を払うものとして載せています。また、三角の形をしているのも、魔よけ、厄病よけ、の意味が込められているのだそうです。
(三角形に切ってる所です)
下の白い外郎(ういろう)は、氷をあらわしているのだそうです。なんでも、古来より、氷室という洞穴などで、氷や雪が冬のうち保管され、水無月(みなづき)=6月の頃、朝廷や幕府に献上されたとの事。当時、庶民には、雪や氷は超高級品でした。それなら、せめて、氷をウイロウでつくり、氷で涼をとったつもりになるお菓子として食べよう!とつくり出されたのがこの御菓子なんですって

プロフィール

菓匠 華月

<本店>
〒194-0044
東京都町田市成瀬8丁目4番13号
(小田急線:町田駅よりバス10分
鞍掛バス停前)
TEL:042-725-2989
FAX:042-725-1908